« April 2005 | Main | June 2005 »

日本ダービー

ディープインパクトは3歳馬の中ではちょっと次元が違う感じですね。
レース前、輪乗りしている時イレ込んでいたので絶対はないかも?と思ってスケベ馬券を少々(笑)
案の定ゲートで出遅れたのでひょっとして?とインティライミ頭の馬券も買っていたので少し光が!と思ったのも4角過ぎまででしたね(汗)
直線は不利を受けないように大外に出し、他馬が止まって見えるほどの瞬発力で圧勝しました。
2着馬の佐々木先生が3kgのハンデがあれば面白いんだけど!と記者連中を笑わしてましたが、3kgのハンデがあっても他馬に負けないでしょうね!
この先、無敗の3冠馬を目指して秋に菊花賞に向かうんでしょうかね!?僕としては天皇賞或いは海外に行ってもらいたい気持ちもあるんですが!
まあ、久し振りのスターホースなので日本競馬界のために国内で頑張るのもいいのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ミリオンダラー・ベイビー

アカデミー賞4部門獲得、ボクシングの映画ぐらいの知識しか入れずに、以前から楽しみにしていたミリオンダラー・ベイビーを公開初日に見に行ってきました。
ボクシングの映画ということで勝つか負けるかは別として、勝敗でTHE ENDなのかな?なんて思っていたら全然違いました。
ネタバレになるのでストーリーは書きませんが、後半の病院でのシーンなんかは胸を締め付けられるような感じで心が痛かったです。
とても深くて重い映画で、終了後には少し考えさせられました。

| | Comments (0) | TrackBack (3)

炎のメモリアル

今日は『炎のメモリアル』を見てきました。
この映画は自らの命を賭けて消火と人命救出を行う消防士を取り上げた映画で、仕事と家族との葛藤を描いた作品です。
炎のシーンは殆どが実物でCGは使っていないそうです。また、消防士役の役者達は何ヶ月も消防学校で訓練を受けたそうです。
消防士(レスキュー隊を含めて)という厳しい仕事はアメリカの9.11同時多発テロやこないだの福知山線脱線事故などで活躍するのをテレビで見ていました。その中には助けられなかった人を想い、消防士自身がストレスで苦しんでいるそうですね。そう考えると大変な職業ですね!

来週は話題作『ミリオンダラー・ベイビー』を見に行く予定です。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

ポンテペルレ

私の出資馬のポンテペルレが未勝利戦で優勝しました!
前の3走が2着と上手な競馬をする反面斬れる脚がない分勝ち切れない歯がゆい馬でした。
今日はいつもと違って位置取りが少し後になりました。それが最後のひと踏ん張りになったのかもしれませんが、それでもゴール前2着馬に差し返されるというヒヤヒヤの勝利で焦りました。
とりあえず1勝してくれたのでホッとしました。
Green Desert産駒は芝でこそ活きると思っています。加藤先生も1勝したら芝を使ってくれるようですので次走が楽しみです♪
多分、ここまで使い詰めで来ていたのでお休みを与えてもらえるでしょうね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

オークス

今日は3歳牝馬GⅠのオークスがありました。
結果は1番人気のシーザリオが苦しい位置取りからゴール前見事差し切りました。
スタートでエアの武豊騎手がシーザリオの進路をブロックする上手いポジション取りをし、シーザリオは後方に位置するしかなかったようです。
道中も動くに動けず後方のまま直線へ!
直線の半ばで先頭に立ったエアがそのまま1着でゴールインするかと思いましたが、外から凄い脚で並ぶ間もなくシーザリオが差し切って優勝しました!
しかしあの位置から差し切るとは馬の力が他馬とは一枚違っている感じですね。
近年のGⅠレースは武豊騎手で回っているのですが、今日のように褒められた騎乗でなくとも勝てるのですから今年は福永騎手で回ってるのかな?

馬券は1着~3着が人気通りという珍しい結果になってしまいました。
3連単を買う人間からするとこんな馬券買えないから仕方ないです。
ダービーはヒモ荒れになってくれ~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西武ライオンズ

僕は阪神ファンなのでこの3日間の阪神-西武を見た感想です。
西武ライオンズは若い選手がドンドン出てきて数年後西武の時代が来る予感がしました!
なかなか若手を育てながら勝つというのは難しいもので、
コーチの指導、スカウトの見る目、勿論選手自身の努力があると思いますが素晴らしいです!
チームのビジョンがしっかりしているのでしょうね。
阪神はなかなか2軍から若い野手の突き上げがないだけに羨ましいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

松坂が甲子園に凱旋

今日は甲子園に平成の怪物君松坂大輔が凱旋登板です。
横浜高校時代の松坂は1度もこのマウンドで負けたことがなかったそうです。
初回の投球を見て、阪神の打線はスライダーピッチャーを苦手にしてることもあって、これは相当苦労すると思いました。
しかし、2回に桧山が四球の金本を1塁に置いてバックスクリーン右への先制2ランホームランです。
この一打は乗られる前に撃ったこともあり効果的な一発になりました!
松坂の投球を見ていて、150キロ越えの直球、145キロの高速スライダーとやはり素晴らしかったです。
高校時代に投げていた縦に割れるカーブを投げていませんでした。緩急を付ける意味であの球は有効だと思うのですがね。
次回、西武ドームでもう一回対決したいですね!

この試合を開催するために親子ゲームだった2軍の試合を中止にして内野にシートを張っていたそうです。
その甲斐があって素晴らしいコンディションを作ってくれた阪神園芸の方々には感謝ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ラグビー日本代表

ここ何日かでラグビー日本代表の2選手が暴れて逮捕されるという事件がありました。
1件目はトンガ国籍で埼玉工大1年の18歳(未成年なので名前を伏せてますが多分今年の正月も花園で大活躍した選手だと思います。)と2件目は三洋電機のオライリー選手です。
ラグビーは紳士のスポーツと言われているだけに残念でなりません。
先日もアジア代表をかけて香港と韓国に連勝していただけにラグビー界に暗いニュースです(>_<)

ラグビーは外国人選手が三年間その国に住むと代表になれるという少し変わったルールがありまして、日本代表にも数人の外国人選手が入っています。
以前からこのルールにちょっと疑問を持っている僕としては日本代表には日本国籍の選手だけで編成してもらいたいという想いもあります。
そうするとなかなか世界と互角の勝負ができませんが、レベルを上げるにはこの方法もありかな?と思うのですが・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

楽天戦

昨日、阪神-楽天のセ・パ交流戦を見てきました。
今年から始まった交流戦は新鮮で日頃見れない選手とかが見れてワクワクしてました。
しかし、昨日の試合はちょっと物足りない感じがしました。
やはり楽天というチームは寄せ集めのチームで正直見ていて気の毒でした。
1軍レベルに達していない選手もいるし、何より守備力が弱すぎます。
打てないのは仕方ないので、プロであるからには守備ぐらいは無難にこなしてもらいです。
このあと、オリックス戦、ソフトバンク戦、日本ハム戦を見に行くのですがいい試合を見たいですね!

| | Comments (0) | TrackBack (2)

セ・パ交流戦

今日からプロ野球改革の旗印として儲けられましたセ・リーグとパ・リーグの交流戦が始まりました。
この交流戦はホームとアウェーで各3試合、1チームが合計36試合することになります。
1シーズンが146試合ということもありかなりのウエートを占める大事なゲームです。
日頃見たことがないリーグの選手や元チームメートとの試合など本当に楽しみです。
僕は阪神ファンで、甲子園に楽天戦、オリックス戦、ソフトバンク戦、日本ハム戦と見に行く予定です!
実数発表になってからは日本一観客が入る球場が甲子園だということが分かりました。
パ・リーグの選手とファンの方も甲子園の独特な雰囲気に驚くことだろうと思います(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Shall we Dance?

昨晩、Shall we Dance?を見てきました。
日本版のShall we ダンス?も見ていたのでストーリーは分かっていました。
後半少し日本版と違ってましたがほぼ内容は一緒でした。
設定の違いは日本版がダンススクールの生徒と先生、ハリウッド版はダンススクールの生徒と奥さんが主役といった感じですかね?
キャスティングも良くて渡辺えりこ役、竹中直人役なんかはよく似ていて面白かったです。
笑いあり感動ありとよくまとまった映画だったと思います!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

天皇賞・春

今日は良馬場でしたが雨の降る天皇賞でした。
結果は伏兵のスズカマンボが優勝しました。
上がりの速い競馬になるとサンデー産駒が勝ちゃうのですかね?
3連単をアイポッパーとリンカーンを2頭軸マルチで勝負しましたがダメでした。
マンボは相手には取っていたのですがさすがにビッグゴールドは軽視してしまいました。
この馬は2走前に400万馬券、前走でも人気薄で逃げ切っているんですよね。
競馬の鉄則からは絶対に買えない馬でした。
しかし、大阪ハンブルクカップで勝ち馬は3着、2着馬が勝っていました。
過去10年を見てもこのレースから連帯した馬がいなかっただけに仕方ないですね。
競馬の鉄則からすると、次走スズカマンボは消しなんだけど!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »