« 楽天戦 | Main | 松坂が甲子園に凱旋 »

ラグビー日本代表

ここ何日かでラグビー日本代表の2選手が暴れて逮捕されるという事件がありました。
1件目はトンガ国籍で埼玉工大1年の18歳(未成年なので名前を伏せてますが多分今年の正月も花園で大活躍した選手だと思います。)と2件目は三洋電機のオライリー選手です。
ラグビーは紳士のスポーツと言われているだけに残念でなりません。
先日もアジア代表をかけて香港と韓国に連勝していただけにラグビー界に暗いニュースです(>_<)

ラグビーは外国人選手が三年間その国に住むと代表になれるという少し変わったルールがありまして、日本代表にも数人の外国人選手が入っています。
以前からこのルールにちょっと疑問を持っている僕としては日本代表には日本国籍の選手だけで編成してもらいたいという想いもあります。
そうするとなかなか世界と互角の勝負ができませんが、レベルを上げるにはこの方法もありかな?と思うのですが・・・。

|

« 楽天戦 | Main | 松坂が甲子園に凱旋 »

「ラグビー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71702/4171609

Listed below are links to weblogs that reference ラグビー日本代表:

» ラガーよ、紳士たれ [スポーツ俳句(スポーク)]
「ラガー等のそのかちうたのみじかけれ」(横山白虹)  ラグビーやラガーという言葉は、歳時記には冬の季語として記載されています。上の句の「かちうた」とは、勝利したチームが上げる勝利の凱歌。それが短いということは、自分のチームの勝ちをまず祝うが、それも早々に切り上げ、相手チームの健闘をたたえる、ゲームが終われば敵も味方もない「ノーサイド」となる、といったことを詠んでいます。 ... [Read More]

Tracked on May 17, 2005 at 11:56 PM

« 楽天戦 | Main | 松坂が甲子園に凱旋 »