« February 2006 | Main | April 2006 »

セ・リーグ開幕

いよいよ日付が替わったので今日セントラル・リーグが開幕します!
待ちに待った開幕でワクワクはしているのですが…。
僕が応援している阪神は去年の今頃かなりいい戦いができる自信がありました。
ところが、今年は野球で一番大事な投手陣に一抹の不安を感じての開幕になります。
十分に戦える戦力はあると思うのですが果たして去年のような鉄壁のリリーフ陣を形成できるのでしょうか?
近3年で2回も優勝したチームなんで優勝を信じて応援します(^^♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NPB

WBCの興奮も覚めやらない間にパシフィック・リーグが開幕しました。
上位争いをしそうなロッテとソフトバンクがいきなり激突しソフトバンクが快勝したようです!
来週のセントラル・リーグが開幕するといよいよ球春到来です。

昨晩、フジTV739のプロ野球ニュースで両リーグの順位予想をしていました。
15人の解説者の順位予想でしたが、パ・リーグは昨年のアジアチャンピオンのロッテを1位にあげる解説者が多く、続いて多くあげられていたのが2年連続シーズン1位ながらプレーオフで敗れたソフトバンク、あと少数で西武をあげる解説者がいました。

セ・リーグは僕の応援している阪神を1位にあげる解説者が一番多く、続いて多かったのが中日、少数で巨人、ヤクルト、広島でした。
どうやら投手力の充実している阪神と中日が人気あるようですね!
それとヤクルトの評判がかなり良かったです。

しかし、評判がいいのは嬉しいのですが阪神ファンの僕からすると何か最近のオープン戦を見ていて阪神の投手陣に不安が出ているような気がします。
何と言っても、JFKの一人であるジェフが戦線離脱していることと、先発陣が結構打たれているんですよね。
不安があるぐらいの方がチームが締まっていいのかもしれませんが、阪神ファン=心配性が代名詞なのでどうも落ち着かないです。

それでもシーズンが始まれば毎日が楽しいんですけどね(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

やはり野球は面白い

WBCで日本が初代優勝チームになりました!
代表の選手・監督・コーチ・裏方のみなさん、感動をありがとうございました。
王監督、素晴らしいチームを作ってくれて最高です!
そして応援していた日本のみなさん、おめでとうございます\(^o^)/

僕は今日の午前中からオープン戦のオリックス-阪神を見に大阪ドームへ行ってました。
球場内に入るとスコアボードで試合が始まるまで中継してくれるか?または、イニング間ごとに速報を流してくれるなどと期待していたのですが残念ながら途中経過が3回ほど入っただけでした。
こんな歴史に残る試合をやっている時にオープン戦を見にくる真の野球ファンにもうちょっと気の利いたサービスをしてくれてもいいですよね!
それでも携帯ラジオを持ってたので雑音と格闘しながら聞いてました。
結構、阪神のベンチ内が空いていたのは選手のみんなが試合を見るために空いていたのでしょうね(笑)

映像を見れてないので内容は分かりませんが結果は10-6で日本が勝ち優勝しました!
『WBC 日本優勝!! おめでとう』と大阪ドームのスコアボードに出た時はもっと盛り上がるのかとも思いましたがほとんどの人が拍手はしているものの揺れるような感じはなかったです(汗)

ずっとずっと前から知っていましたがやはり野球は面白いですね!!!

| | Comments (6) | TrackBack (1)

WBC日本決勝進出!

今日はWBC準決勝日本-韓国がありました。
6-0の完勝で決勝に進出です!

この両チームは東京で行われたアジアラウンドとアメリカに場所を移してこれまで2度対戦していました。
その2度の対戦は2-3、1-2と接戦の末敗れるという苦汁を飲まされていました。
僕は負けた2試合は韓国の投手が素晴らしかったことと、日本打線が重圧という重りを背中に背負ってしまい普段のスイングができなかったのが敗因だと思っています。
技術面では絶対に韓国よりもレベルが上のはずですし、短期決戦では実力より勢いが上回ることはよくあることなんでたまたま打てずに負けたのでしょう!

ところが日本を応援しているほとんどの人が準決勝進出を無理だと思ったところ、メキシコのアシストでタナボタの準決勝進出というラッキーがあり、日本に神風が吹いて三度も同じ相手に負けるわけには行かないという流れが今日の完勝に繋がったのでしょう!

それでも7回までは押しているものの無得点という重い試合になりました。
そんな苦しい試合を上原が相手に隙を与えない素晴らしい投球で抑えてくれたことで流れを掴みました。
1アウト2塁で代打に福留。これまで極度の不振が続いていて、今日はスタメンを外れていたぐらいです。
それが思い切ってフルスイングをするとライトスタンドへ完璧な先制2ランアーチになりました!
この一打が選手達の重圧から解放させて里崎のタイムリー、チームを支えたベテラン宮本のタイムリー、悔しさを前面に出してチームを鼓舞していたイチローのタイムリーで5点のビッグイニングを作りました。
これまで打てずに苦しんだのが嘘のように繋がる打線が日本の本当の打力なんです!

今日の試合で選手達の硬さは取れたはずなんで、アマチュア世界一のキューバに思い切ってぶつかって行ってほしいですね!
松坂、渡辺俊の先発2枚も注ぎ込めますし、他のピッチングスタッフ総動員で優勝をもぎ取ってもらいましょう!

ガンバレニッポン!!!

| | Comments (2) | TrackBack (2)

タナボタ

WBCの第2ラウンドの最終戦のアメリカ-メキシコの試合がありました。
ほぼ準決勝へ進出不可能なメキシコのモチベーションが下がっていると勝手に思っていた自分が恥ずかしいです。
メキシコの選手は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。
多くのファインプレー、誤審にめげないファイトと感心しました!
それにしてもあのデービッドソンというアンパイヤや酷すぎますね。
あんな判定をしていると逆にアメリカチームが恥ずかしくなるのではないでしょうか?
このアンパイヤが準決勝でジャッジしないことを祈ります(笑)

この結果により日本が準決勝に進出することになりました!
三度韓国との対戦になりますが、今度こそ勝たないといけません。
もう失うものはなにもないし、怖いものはないので韓国にぶつかっていってもらいたいですね!

勝つためにオーダー変更をしてもらいたいのですが王さんはどうなのかな?
それと、序盤の送りバントなんて消極的な作戦よりも選手を信じて打たせましょうよ!
イチローが送りバントするところなんて見たくないです。

さあ、頑張れ日本代表!
本当の実力を韓国に見せてやれ!!!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

WBCアメリカ-日本

根っからの野球好きなのでWBC2次リーグ アメリカ日本についてふれないといけませんね。
朝の6時前に起きてテレビ観戦しました。
結果はアメリカ4x-3日本でサヨナラ負けを喫してしまいました。

ゲームは初回にイチローの先頭打者ホームランで先制し、2回には川崎がレフト前へ2点タイムリーを放ち3点リード、アメリカもC・ジョーンズとD・リー(ロッテで活躍したレオン・リーの息子)の2発のホームランで同点にされてしまいました。9回にA・ロドリゲスにサヨナラ内野安打を打たれて痛い1敗を喫してしまいました。

この試合には問題のシーンがありました。
8回表日本の攻撃で1アウト満塁で岩村がレフトへフライを打ち上げました。浅かったもののレフトの弱肩と3塁走者俊足西岡ということもありタッチアップし送球もそれてゆうゆうホームイン。ここでキャッチャーが西岡の離塁が早いと見ていた2塁塁審にアピールしたところ両手を広げてセーフのコールで問題なしのジャッジ。このジャッジにアメリカ監督バック・マルティネスが球審に抗議すると何とセーフがアウトに覆ったのです。

誤審は人間がやっていることだから起こることは仕方ないと思います。それでも今回はビデオ再生で何度も見ましたがタッチアップに問題ないですし、塁審が下したジャッジを球審が誤審で覆すなんて信じられません。十中八九セーフと見えるのをマルティネス監督とデービッドソン球審だけがアウトに見えたのかもしれませんね(爆)
このデービッドソンという審判は何とアメリカ人なんですよ!僕は国際試合はてっきり第3国の審判がジャッジするものと思っていました。そしてこの審判はメジャーリーグの審判でもないそうです。この大会には最高レベルのメジャーリーグの審判は参加していないそうです。これも不可解ですよね!世界一を決める大会に最高レベルじゃない審判がアンパイヤを務めるなんて…。

それと一言、メジャーリーグの監督を務めたマルティネス監督がジャッジが覆ったあと大ガッツポーズを取っていましたね!ジャッジが覆って喜んでいるなんて野球発祥の国の監督もプライドもないのですね。

今日見ていて、日本はアメリカと5分に戦えていました!
明後日のメキシコ戦と次の韓国戦には絶対に勝ってもう一度力でアメリカを倒してほしいですね!!!

最後に阪神ファンなので藤川球児について、敗戦投手になりましたが誰も責めることはできないです。あんな緊迫した場面(1アウト満塁)で3番K・グリフィーJから2球直球で空を切らして三振に取り、(2アウト満塁)4番A・ロッドも1球直球で空を切らせ、最後の内野安打も直球をどん詰まりの打球でした。やはり球児の直球はメジャーリーガーにも通用することが分かりました。また投げるチャンスは来ると思うので頑張ってほしいです!

| | Comments (3) | TrackBack (2)

投手スタッフ

阪神の投手スタッフを1軍に入る人数を12人として考えてみました。
ここに来て故障する投手が出てきて、ちょっと再編を余儀なくされています。

先発
◎井川・下柳・安藤
○杉山・江草
▲能見・オクスプリング・ダーウィン
△福原・太陽

中継ぎ
◎藤川
○橋本
▲相木・桟原・吉野
△中村

ウイリアムス(故障)

抑え
◎久保田

◎確実 ○有力 ▲競争中 △微妙

能見しだいで江草は中継ぎになる可能性もありますが、僕はあのテンポのいい投球はより先発で活きるように思うのと、井川の次の左のエースになれるぐらいの潜在能力を感じています。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

人気ないですね

今年の社会人ラグビーは東芝府中がトップリーグ優勝・マイクロソフトカップ優勝・日本選手権はNECと両チーム優勝で幕を閉じました。
僕が応援している神戸製鋼はトップリーグ序盤の躓きが最後まで響きいい所なしでした。
ただ、ラグビージャーナリストの村上晃一さん曰く神鋼は他のチームと違ったラグビーをするチームなんで来シーズンはかなり期待していると金曜日のラジオで話されていました。
しかし、来年も東芝の強さは変わらないでしょうし、早稲田大学の監督だった清宮さんがサントリーの監督に就任し、大学のスターだった選手の多くがサントリー入りすることから台風の目になりそうです。

そのトップリーグの観客動員に関する記事がのってました。
僕も今シーズンのトップリーグの試合を花園に2度、神戸ウイングスタジアムに1度応援に行きました。
その時もそうでしたがやはり少ない観客数でしたね。
お正月の高校ラグビーは毎年凄い観客が入るのに国内最高レベルの試合に客が入らないという残念な現象になっています。
トップリーグのチーム並びに選手は色々なファンサービスをしていますので盛り上がってくれることを期待したいと思います!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »