« 真っ直ぐという名の魔球 | Main | 赤星の存在価値 »

妙光院

愛馬のローレルエルドラドが両前の蹄に急性蹄葉炎を発症してしまい、無事に快方に向かうように妙光院の馬頭観音菩薩へお参りに行ってきました。
病気に負けるなエルドラド!!!

Kanon0246

Kanon0238

妙光院の馬頭観音は動物愛護のご本尊です。四方を眺める四つの顔を有し、頭上に馬をいただき、右手に利剣を左手に数珠を持ち火炎を背負った姿で馬の背に乗った馬頭観音は動物に災難が及ぶときに救いに行く様子を表しています。当時のご住職が坂道で重い荷物に困っている馬を見て1933年に建立したそうです。

馬頭観音像の裏には、愛馬供養塔があります。テンポイントをはじめ、多くの馬のたてがみが奉納されています。

Kanon0233

|

« 真っ直ぐという名の魔球 | Main | 赤星の存在価値 »

「競馬」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71702/10765328

Listed below are links to weblogs that reference 妙光院:

» 謎の病気・蹄葉炎 [誰がトラやねん]
私の一口馬主生活でお世話になっている、ローレルクラブの3歳馬、 ローレルエルドラドが、原因不明の病気・蹄葉炎で緊急入院したらしい。 私は出資していないが、知人でエルドラドを持っている人もたくさんいるし、クラブの中では数少ない満口になった馬だし、前走いいレースをしてこれから期待されていただけに、かなり心配だ。 両前足だという事なので、かなり厳しい状況だと思うが、なんとか元気になって、競馬場に戻ってきてもらいたいと思う。 祈ることしか出来ないけれど・・・ がんばれ!ローレルエルドラ... [Read More]

Tracked on July 02, 2006 at 11:17 PM

« 真っ直ぐという名の魔球 | Main | 赤星の存在価値 »