« ホッとひと息 | Main | 気迫のこもった継投 »

甘い野球

選手は本当によく頑張ったと思います。
相手の4番と力と力の勝負をして負けたのだから仕方ないでいいのでしょうか?
僕は違うと思います。
ウッズに対して久保田がホームランを打たれた場面は2アウト2塁で1塁が空いてましたし、球児が決勝タイムリーを打たれた場面も2アウト2・3塁で1塁が空いていました。
最近の中日が得点できていないのはウッズを歩かせて5番森野・6番李勝負で抑えられていたからです。
ペナントレースが佳境に差しかかってこのような選択ミスは取り返しがつかなくなってしまいます。
ここまでJ・F・Kで頑張ってきたのだからこそもっと慎重になってほしかったです。
勢いづかせたウッズを明日からどうやって抑えるのか心配です・・・。

|

« ホッとひと息 | Main | 気迫のこもった継投 »

「野球」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71702/16448505

Listed below are links to weblogs that reference 甘い野球:

« ホッとひと息 | Main | 気迫のこもった継投 »