« サファリ | Main | 残念です »

競馬と映画

昨日は愛馬の応援に京都競馬場へ行き、レース後京都市内に移動して映画を見てきました。


まず競馬は愛馬ローレルアクシスの応援でしたが残念なレースになってしまいました。
休養明けながらまずまずの仕上りで、5番人気で5着なら相応の結果なのかもしれません?
ただ、船曳騎手の酷い乗り方には不満が残りました。

道中は内で流れに乗っていたのですが、手応えのある岩田騎手(タガノアッシュ)の後に進路を取らずに、手応えの悪い藤岡康騎手(ゴールデンミッション)の後に進路を取った上に一緒に後方まで下がり、開き直ったのかそこから4角を大外に回してかなりの距離をロスしてしまいました。
直線は外から脚を伸ばし、出走馬で1番の上がりを使っているだけにもったいないレースでした。
普通は強い馬(タガノアッシュ)の後を着いて行けば進路が開くことが多いのに分からなかったのかな?
次も乗りそうな雰囲気がありましたので、キチンとリベンジを果たしてもらわないと!


映画は『ボーン・アルティメイタム』を待ちに待って公開初日に見てきました(笑)
1作目の『ボーン・アイデンティティー』と2作目の『ボーン・スプレマシー』も映画館で見ていたのでこの映画を楽しみにしていました!
ネタバレになりますので内容は書きませんが、とにかくアクションが凄い映画です。
一応これで完結と言われていますが、何か続編がありそうな気がします・・・?
途中、カメラがめちゃめちゃ揺れますのでちょっと酔いそうになっちゃいました(笑)

|

« サファリ | Main | 残念です »

「趣味」カテゴリの記事

Comments

船曳クンの騎乗はちょっとショックすら受けました。
あれは素人目に見ていても酷すぎました。
今回の失敗をよ~く反省して、次回はロスなく乗ってもらいたいです。

映画館で酔った事、何度もあります~(笑)

Posted by: gavi | November 14, 2007 at 01:29 PM

☆gaviさん
今は若手ジョッキー受難の時代なんで仕方ない面もあるんですがね!
船曳騎手が続けて乗るのであれば落ち着いて乗ってもらいたいです。

ボーン・アルティメイタムの製作風景をTVでやっていたのですが、カメラマンが手で持ちおもいっきり揺らして走ってました(笑)

Posted by: hide | November 14, 2007 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71702/17045045

Listed below are links to weblogs that reference 競馬と映画:

« サファリ | Main | 残念です »