« November 2007 | Main | January 2008 »

藤川球児 ストレートという名の魔球

これは今日発売されたデイリースポーツのヤンキー記者で有名な松下雄一郎さんの書かれた本のタイトルです。

発売日前の8日の土曜日に手に入れていたのですが、土曜日と昨日の日曜日は読むことができず、今日帰宅してから全部一気に読み終えました。

感想は藤川球児という投手を勘違いしていたことに気が付きました。
今シーズンの名場面である中日T・ウッズとの炎のストレート11球勝負です!
僕はあの場面変化球を投げてでも抑えなければダメだと思っていたのですが、球児は4番T・ウッズを力でねじ伏せることで中日を優勝争いから脱落させるという信念で投げていたのです!
僕が思っているより遥かに上のステージで野球をやっていることに驚きました。

この本のセールスマンではありませんが、藤川球児をもっと知りたい方は読んで損はしないと思います(笑)

こないだの契約交渉で井川のメジャー移籍に尽力した弁護士が同席していましたが、この本を読むと近い将来球児はメジャーに行くことになると思いましたし、行って『夢』を実現してもらいたくなりました!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

北京五輪出場決定!

阪神がクライマックスシリーズで敗退してからちょっと冷め気味だった野球をこの重たい3試合が思い出させてくれました!

昨日の韓国戦は痺れる素晴らしいゲームでした。
途中から見たのですが、川上・岩瀬・上原の気迫のこもった渾身の投球は野球の醍醐味を思う存分堪能させてくれたと思います!

そして今日の台湾戦は誰もが予想できなかったノーアウト満塁からのスクイズです。
この采配が勢いを付けさせての大勝となったのではないでしょうか?

この3戦に先発した3人は21歳(涌井・ダルビッシュ)22歳(成瀬)の若い投手です。
重圧のかかる中、日本代表として本当に素晴らしい投球をしてくれたと思います!

打撃陣もコンパクトに弾き返すスモールベースボールをみんなが実践してくれました!
テレビで解説していた古田が宮本のスライディングを絶賛していましたが、あのプレーの解説を聞いて古田の凄さも改めて感じました。
一流の解説者は見ているとこが違いますね(笑)

星野ジャパンおめでとう\(^o^)/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »