藤川球児 ストレートという名の魔球

これは今日発売されたデイリースポーツのヤンキー記者で有名な松下雄一郎さんの書かれた本のタイトルです。

発売日前の8日の土曜日に手に入れていたのですが、土曜日と昨日の日曜日は読むことができず、今日帰宅してから全部一気に読み終えました。

感想は藤川球児という投手を勘違いしていたことに気が付きました。
今シーズンの名場面である中日T・ウッズとの炎のストレート11球勝負です!
僕はあの場面変化球を投げてでも抑えなければダメだと思っていたのですが、球児は4番T・ウッズを力でねじ伏せることで中日を優勝争いから脱落させるという信念で投げていたのです!
僕が思っているより遥かに上のステージで野球をやっていることに驚きました。

この本のセールスマンではありませんが、藤川球児をもっと知りたい方は読んで損はしないと思います(笑)

こないだの契約交渉で井川のメジャー移籍に尽力した弁護士が同席していましたが、この本を読むと近い将来球児はメジャーに行くことになると思いましたし、行って『夢』を実現してもらいたくなりました!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

特別模範男

今日は本の話題を!といっても競馬関係の本です(笑)
藤田伸二騎手の自叙伝『特別模範男』を『ちゃんと買うてな!』と帯に書いてあったので買って読みました(笑)


内容については書きませんがなかなか面白い本でした!
結構字も大きめなんですぐに読み終えましたが内容のない本ではないことは付け加えておきます(笑)


藤田騎手といえばファンも好きと嫌いと二分される騎手だと思います。
僕はというと結構信頼している騎手でもちろん好きな騎手なので本を買った訳ですが!
実は一口の初勝利と初重賞を勝った騎手が藤田騎手で、初G1出走も藤田騎手、初クラシック出走も藤田騎手なんです!
お気づきの方もいると思いますがこれは全部同じ馬でフィーユドゥレーヴのことでした(笑)

| | Comments (4) | TrackBack (0)